2007年08月30日

トルコGP

トルコGP決勝を楽しみにwktkしてた日曜の夜。
あ、プロ野球の結果確認しとくか、と某スポーツニュースサイトの野球欄を開いたところ、

『トルコGP決勝、マッサが優勝。ライコネンが2位でフェラーリ1−2!』

・・・
・・・・・・

ここは野球欄じゃないんですか?


続きを読む
posted by 日光 at 10:51| Comment(31) | TrackBack(5) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

後味の悪いハンガロリンク

タイトル通り、なんとも後味の悪いレースでした。
それこそ、ミシュラン総ボイコットだったインディに匹敵するぐらいね。

そもそもの原因は、アロンソ優先だったはずのバーンアウトラップで先にハミルトンが出てしまい、アロンソに譲るよう再三出された指示を無視したばかりか、F〇CK的な言葉をハミルトンが無線で吐いたことだったようで。
それに対してアロンソのクルーが報復行為を行ったというのが実情でしょう。

子供か、ホンマに。

天狗になってる生意気なルーキーをこらしめてやりたいって人間的な気持ちは分かるけど、プロだったらそこはフォア・ザ・チームでいこうや。
お咎めはトラック外でいいじゃん。

ハミルトンは予選後のミーティングでチームクルーに謝罪し、とりあえずは一段落したようですが。
アロンソとハミルトンの確執について、もはや言い逃れはできませんね。

ロン・デニスにしてみれば、一年目はとりあえずアロンソに圧勝してもらい、ハミルトンをナンバー2として「下積み」させる計画だったんでしょう。
とんだ計算違いに、頭を悩ませているんじゃないですかね。
posted by 日光 at 11:23| Comment(11) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

何してんのオマエラ

ホント、何やってんのお前ら?


ようやく回線状況が整って、久々の更新。
それがこんなネガティヴな話になるとは思いませんでした。

アロンソのグリッド降格は当然でしょう。
元々、チームの組んだスケジュールを乱したのはハミルトンのほうだったようですが、それだけで全てが台無しになるほど軟いチームではないですよ。
マクラーレンがどれだけのキャリアを持ってると思ってるんですか。

どう見てもチーム・アロンソの妨害行為です。
本当にありがとうございました。

モナコではミハエルのラスカス駐車をアレだけ非難しておきながら、自分がやったことはそれ以上にド汚い、クソ以下の行為ですよ。
しかも何、あの言い訳。
小学生かお前は。

俺はアロンソが嫌いでありつつも、彼の走りだけは認めてました。
レースに対する貪欲さ、口は汚いがチームに対する貢献度、そういったものは間違いなく現役最高のドライバーだと。

でもね。
もうそれも、今日が最後です。

あの時俺は「もうミハエルをチャンピオンとは認めない」と言いましたが、それとそっくり同じ言葉を、今一度述べたいと思います。

俺はもう金輪際、絶対にアロンソをチャンピオンだとは認めません。
例え今年タイトルを取ろうとも、今後のF1界を引っ張っていくのは、絶対にアロンソではありえません。
これからは全力でルイス・ハミルトンのみを応援していきます。


てか、それよりもFIA。
チームのポイント剥奪って何よ?

明らかに、チャンピオンシップを盛り上げるための妨害工作だろ。
ドライバーズタイトルがもうマクラーレンの2人の争いになっちゃったから、しゃあなしでコンストラクターズを盛り上げようって腹づもりだろ?

主催者に作られたドラマなんて、汚くて見てられないですよ。
ホント、スポーツが何たるかを一切考えない連中です。
posted by 日光 at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

アメリカGP

前回は巡り合わせで初優勝。
今回は純粋に速さ、強さでアロンソを上回った。

世界のF1ファンよ見てくれ。
これがルイス・ハミルトンだ!!


と、叫びたい気分です。
posted by 日光 at 05:37| Comment(6) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

Re:カナダGP決勝

いやー、何度も言いますが、ハミルトンは本当に素晴らしかった。
リードを築くたびに、セーフティカーが入ってそれを潰されて。
集中力が切れてもおかしくないってのに、全く危なげなかったです。

そして何よりも驚いたのは、ハミルトンのスーパーソフトの使い方の上手さ。
各チームともスーパーソフトへの対応に苦しんでおり、フェラーリはともかくとして、マクラーレンも例外ではありませんでした。
それなのに、最後まで一人だけ17秒台を連発。
モナコのときもそうでしたが、タイヤの使い方はかつてのミハエル・シューマッハのように、もはや芸術の領域に入りつつありますね。


続きを読む
posted by 日光 at 10:31| Comment(3) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

カナダGP決勝!!!

うおおおおおおおおおおお!!!

と、叫びたい所ですが。
近所迷惑なんで、心の叫びに止めておきます。

その代わり、っしゃ!っしゃ!とガッツポーズ。

ああもう。
興奮して手が震える。
微妙に視界に涙滲んでるし。

てことで、また後で書きます。
ではでは、おやすみなさい。
posted by 日光 at 04:08| Comment(2) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

カナダGP予選

ル・イ・ス!! ヾ(≧∀≦)ノ゛
ル・イ・ス!! ヾ(≧∀≦)ノ゛


はい、みなさんご一緒にっ!!


いやーーーーー。
手に汗握るとはまさにこのことで。

最後アロンソがベスト、ベストで来たときはもうドキバクでしたよ。
そしたら最終ターンでまさかのオーバーラン!
アロンソには悪いが、ぃよっしゃ!とガッツポーズしてしまいました。

しかしホント、この新人は信じられないことしてくれますね。
ご存知の通り、ジュニアカテゴリーのレースは北米では開催されません。
つまりモントリオールのようなスタイルのコースは、ハミルトンにとって初経験だったわけですよ。
にもかかわらずあの走り。
本当に新人なのかオマエは!?


そして、もう一つ。
嬉しい誤算だったのが、BMWがフェラーリの前に来てくれたこと。
これでマクラーレンに、優勝の二文字がぐっと近付いてきましたからね。


しかしフェラーリは本格的にヤバいんじゃないか?

俺はてっきり、ここモントリオールではフェラーリのほうが優位だと思ってました。
何しろバーレーンでも見たとおり、こういったストップ&ゴーのサーキットは、フェラーリがもっとも得意とする所ですからね。
反対に、マクラーレンはシルバーストーンやハンガロリンクで力を発揮する空力依存型のマシンですから、ここで遅れをとるのは仕方ないことだと思ってました。

それが、まさかフロントロー独占なんてね。

もちろん燃料搭載量のこともありますし、明日の決勝を見てみなければ結論は出せません。
ですがもし、決勝でもマクラーレンのペースが上回るようなら、今年はもうマクラーレンの年になったと断言してもいいと思います。
posted by 日光 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

老兵は去り行くのみ

今度はハミルトンに辛口コメントを履き始めたエセチャンピオン様。
ミハエル叩きといい、本当にスター嫌いですね(笑

とりあえず、そろそろジャックおじさんは黙ったほうがいいと思います。

喋れば喋るほど、自分の存在を小粒にしていくって気付かないもんですかね?
他のドライバーが皆言っているように、これまでのハミルトンのドライビングには全く問題ありませんよ。
全てモータースポーツと言う競技の中で許される行為です。

てかね、来日拒否して日本GPをボイコットしたり、若手いじめに勤しんだり、挙句にはその苛めてきた若手に逆に追い出されたり。
もうアンタをチャンピオンとして見てるヤツなんて一人もいないってことぐらい、理解できませんか?

今更彼が何言おうと、所詮は負け犬のたわごとですよ。
これ以上、ジル・ヴィルヌーヴの名を汚す前に、さっさと消えてください。
posted by 日光 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

チームオーダーは無し

ま、順当にお咎めなしってことで。
まあ、あんなもんをチームオーダーだペナルティだなんていわれちゃ、ホントどうしようもないですよ。
だったら最初からコンストラクターズなんか造るなってんだ。

そもそもチームオーダーって、「レースの結果を操作する八百長行為」でしょ?
ありゃそもそもアロンソの勝ちレースだし、それを安全に終えられるようにマクラーレンが指示出しただけのことじゃないですか。
ルイスのコメントだって、イギリスのメディアが半ば誘導尋問的に引き出したものだし。
ルイスが憮然としてたのは、クソしつこい母国メディアに対してですよ


ただまあ、アロンソとルイスが仲悪いってのは本当じゃないかと思います。
モナコのシャンパンファイトだって、ルイスはほぼ「しゃあなし」でアロンソに絡んでただけですしね。
2人あってもほぼ目を合わせないし、関係悪化は真実でしょう。

でもね、これっていいことだと思うんですよ。
アロンソと仲良いってのは、それはすなわち心底ナメられてるってことですからね

自分の後ろをくっついてまわる、単なる金魚のフンだと思ってたグリーンボーイが、獰猛に牙をむくピラニアだったって感じでしょうか。

これが仲良しこよしのままだったら、打倒アロンソは諦めてたところですけどね。
仲たがい騒動を聞いてから、俄然ルイス君への期待感が高まってきました。
posted by 日光 at 21:21| Comment(1) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

モナコGP

マクラーレン速すぎ。

いやーもう最高でした。
うひょひょーいヾ(´ω`*)ノ゛って感じでした。

マクラーレンファン以外にとっては、さぞや退屈なレースだったでしょう。
俺にとっては最高のレースでしたけどね!


続きを読む
posted by 日光 at 22:03| Comment(3) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。