2007年02月28日

バーレーン後半戦初日

1. フェリペ・マッサ - 1:31.260(+0.000) - 102周
2. キミ・ライコネン - 1:31.590(+0.330) - 95周
3. フェルナンド・アロンソ - 1:31.851(+0.591) - 95周
4. ロバート・クビサ - 1:32.108(+0.848) - 74周
5. ルイス・ハミルトン - 1:32.193(+0.933) - 54周
6. ジャンカルロ・フィジケラ - 1:32.556(+1.296) - 81周
7. ヘイッキ・コバライネン - 1:32.688(+1.428) - 19周
8. フランク・モンタニー - 1:32.999(+1.739) - 36周
9. ヤルノ・トゥルーリ - 1:33.150(+1.890) - 63周
10. セバスチャン・ベッテル - 1:33.219(+1.959) - 33周
11. クリスチャン・クリエン - 1:33.378(+2.118) - 89周
12. デビッド・クルサード - 1:33.526(+2.266) - 69周
13. マーク・ウェバー - 1:33.540(+2.280) - 74周
14. ジェームズ・ロシター - 1:33.597(+2.337) - 77周
15. 佐藤琢磨 - 1:33.813(+2.553) - 74周
16. ラルフ・シューマッハ - 1:34.030(+2.770) - 36周
17. スコット・スピード - 1:34.057(+2.797) - 44周

開幕前の追い込み、バーレーンテスト後半戦の幕開けです。
え、F1ばっかりでツマンナイ?
開幕に向けてヒートアップしてるんだし、しょうがないじゃないですか。

で、初日は前半戦最終日のお返しとばかりにフェラーリが1-2。
これまではずっと31秒後半から32秒で安定してたフェラーリですが、どうやら少しテストのアプローチを変えてきたようですね。
ガチで本気モードといいますか、積極的に一発のフライングラップをとりはじめたようです。
スティントもかなり短く切ってたみたいですしね。

相変わらず安定しているマクラーレンも上位。
テストなんで何ともいえないんですが、やっぱりアロンソとハミルトンが一緒に走ると、いつもちょっとずつアロンソが上回るんですよね。
デラロサには結構譲るのに(笑
やっぱりレースドライバーと走るときは負けたくないもんなんでしょうか。

相変わらずBMWも速いですね。
ヴェッテルは沈んだようですが、トラブルでまともに走れてないみたいなんでこれは参考外でいいでしょう。


トラブルといえば。
ルノーの新人コヴァライネンがかなり壮絶なクラッシュをしたようで。
おそらく明日のテストは走れないだろうとのことなんですが、この時期にマイレージ不足に陥るのは痛いですね。
幸い何の怪我もなく無事だったようで、何よりです。
posted by 日光 at 07:42| Comment(1) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にっこうが、新人をトゥルーリしないの?


Posted by BlogPetのありすとてれす at 2007年02月28日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34902032

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。