2007年03月01日

バーレーン後半戦2日目

1. フェリペ・マッサ - 1:30.640(+0.000) - 99周
2. ルイス・ハミルトン - 1:31.178(+0.538) - 55周
3. キミ・ライコネン - 1:31.490(+0.850) - 93周
4. ジャンカルロ・フィジケラ - 1:31.967(+1.327) - 107周
5. ペドロ・デ・ラ・ロサ - 1:31.971(+1.331) - 52周
6. ヘイッキ・コバライネン - 1:32.068(+1.428) - 29周
7. ニック・ハイドフェルド - 1:32.254(+1.614) - 71周
8. ジェンソン・バトン - 1:32.293(+1.653) - 70周
9. ビタントニオ・リウッツィ - 1:32.359(+1.719) - 47周
10. ロバート・クビサ - 1:32.648(+2.008) - 52周
11. ルーベンス・バリチェロ - 1:32.650(+2.010) - 59周
12. 佐藤琢磨 - 1:32.837(+2.197) - 99周
13. ラルフ・シューマッハ - 1:33.054(+2.414) - 84周
14. デビッド・クルサード - 1:33.146(+2.506) - 51周
15. マーク・ウェバー - 1:33.238(+2.598) - 52周
16. ヤルノ・トゥルーリ - 1:33.384(+2.744) - 33周

2日目でまたもやフェラーリが1-2
積極的に予選仕様のアタックラップを取りに来てることもありますが、それ以上に新型の空力パーツが非常に機能してるようですね。
マッサとライコネンでこうも離れるっていうのは、普通ではちょっと考えられないですから。
元々発表されたF2007の空力はほとんどが2006年仕様だったわけですから、今のこのペースが真のF2007のポテンシャルってことになります。

そのフェラーリに割って入ったハミルトンですが、トラブル多発でなかなかまともにタイムを取れなかった模様。
普通に周回できていれば後コンマ3秒は詰められるでしょうし、アロンソが大抵そのコンマ2秒上にいることを考えれば、フェラーリとマクラーレンはほぼ同格のポテンシャルと言っていいでしょう。

ここ最近、伸びてきてるのはルノー。
課題だった固めのコンパウンドへの適応も出来てきているようで、ようやくディフェンディングチャンピオンらしいパフォーマンスを見せはじめました。
それだけに昨日のコヴァライネンのアクシデントは惜しかったですね。

反対にBMWは安定感の無さが浮き彫りに。
速いことは間違いないと思うんですけどね。


開幕を前にして、煌々とレッドランプが灯っているのがトヨタ。
テスト解禁当初こそ速さは見せたものの、ここ最近はずっとタイムシートの下位に沈んでます。
別にロングラン中心にやっているわけでもないのに。
バーレーンに入ってこちらも新型のフロントウィングを試しているようですが、フェラーリとは正反対に全く機能していないようで。
やっぱりトヨタってレース屋って感じが無くて、技術の粋を集めてガリガリしのぎを削るF1では、なんというか「甘ちゃん」っぽさがイメージとして定着しちゃってますよね。
そもそもこの新車、発表された時点で綺麗に纏めすぎたようで、その後の伸びしろで遅れをとってるようで。
優等生の打たれ弱さ、とでも言っておきますか。
posted by 日光 at 08:11| Comment(1) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラブルなどをヤルノしたかったの♪


Posted by BlogPetのありすとてれす at 2007年03月07日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34965699

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。