2007年05月14日

スペインGP決勝

おいおいおいおいおいおい。
まさかのポイントリーダー、ハミルトン。

いいのか?
本当にいいんですか?

いーんです!!(J・カビラ風)


しかしホント、ハミルトンは素晴らしいですよ。
ここまで全て偶数列からのスタートにも関わらず、これまでスタートで順位を落としたことは一度も無し。
それどころか、コンスタントにフェラーリの一角を捉えてますよね。
新人でこれは尋常じゃないですよ。

まあ、ライコネンのスタートが下手すぎってのもありますが。

そのライコネンは、まさかのスローダウンからリタイア。
いやもう、お約束過ぎて笑えてきます
チームに文句言う前に、まずお払いでもしてもらったほうがいいんじゃないか。


しかしねぇ。
覚えてますか? メルボルンで俺がこう書いたことを。

「まだハミルトンとアロンソの間には大きな差がある」

これなんですが・・・撤回します(ぁ

いやもう、ホント嬉しい誤算ですよ。
まさかここまでとは思いませんでした。
実の所、アロンソに勝てるのは精々1レースぐらいだろうと思ってました。

ところがどうよ。
ポイントリーダーですよ、ポイントリーダー。

まあ、確かにアロンソにも不運はありました。
1コーナーでのマッサとの接触で、おそらくディフレクターかウィングレットにダメージ負ったんでしょうが、かなりオーバーステアきつそうでしたからね。
実力の半分も出せなかったレースだったんじゃないかと。

ただそれでも、自分の仕事は完璧にこなすあたり、新人離れしてます。
後半はタイヤをロックさせたりと色々ミスもありましたが、それはまあハードタイヤに変わってバランスが崩れたことを考えれば、それほど咎められる事でもないはず。
そんな些細なミスよりも、ベテラン顔負けの判断力の素晴らしさを湛えたいですね。


え? スーパーアグリのポイントゲット?
うん、まあ、ぶっちゃけどうでもいい

ていうかね、アレの何処が喜ばしいのやら。

ライコネンのリタイア、ハイドフェルドのトラブル、ブルツのクラッシュ、ルノーの給油機トラブル、トヨタは壊滅、ホンダは自滅。
これだけ消えりゃ、そりゃ入賞もするだろうさ。

去年のホンダの初優勝をマグレだマグレだなんて叩く人が多いですけどね、このスーパーアグリの入賞はどうなんだよと言いたい。
ホンダの優勝は運が3割に実力7割でしたが、今回のは運が九割九分でしょうよ。

てかさ、何か見せ場でもあったのか?
結局レースペースは平凡そのもの、あえて言うならバトンと引っかかってペースの落ちたバリチェロをピットでかわした程度。
国際映像もほぼガン無視の中、予定外のピットストップでタイヤを強攻使用で酷使したフィジケラに追い回される始末。

1年しか経ってないとか、金が無いとか、スタッフ不足で頑張ったとか、だから奇跡だとか、そんな戯言吐くなよと言いたい。
同じ日本人として恥ずかしいですよホント。
RA106譲り受けりゃ、スパイカーでも同じことできるっての。


短絡的なミーハーどもがスパイカーやトロロと比較して勝ち誇ったり、好き勝手言ってホンダ批判とかしてるの見ると、マジで胸くそ悪くなりますね。
ポイント獲得は確かに快挙だけど、それで何かを勘違いして他を見下す様は、中々に痛々しいものがありますよ。
posted by 日光 at 18:55| Comment(1) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ、リーダー!!
Posted by BlogPetのありすとてれす at 2007年05月16日 11:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41791162

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。